不要なダイヤモンドは専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2020年12月03日

ダイヤモンドの指輪やネックレスを売却する場合に気をつけるべきポイントとは?

バツの札を挙げる女性

ダイヤモンドの指輪やネックレスが手元にあって、今後は使わないだろうという場合であっても、ほとんどの方はそのダイヤモンドに対する思い出の深さや、購入したときに支払った金額の高さなどから、簡単には処分(売却)しようとはしません。しかしダイヤモンドの指輪やネックレスを上手に売却することができれば、かなりまとまった金額を手に入れることができ、よりよいダイヤモンドを購入できるかもしれません。ただ売却対象がダイヤモンドという高価な商品であることから、売り方を間違えると数万円、数十万円単位での損をしてしまいかねません。そこでダイヤモンドの指輪やネックレスを売却する場合には、どのような点に気をつければよいでしょうか。

まず誰に売るかという問題です。ダイヤモンドの指輪やネックレスは、もともとの金額が高額なだけあって、売却先についても慎重に検討しなくてはなりません。この点、友人や知人に売却するということも考えられますが、親しい間柄で高額の取引をしてしまうと、のちのちのトラブルになる可能性も高いですので、なるべく業者(ダイヤモンド買取を業務として行っていて古物商営業許可を得ている業者)に売却をしたいものです。

次に業者選びをどうするかという問題です。ダイヤモンド買取の業者は、大きく分けてどんな商品でも買い取りを行っている業者(ダイヤモンドに限らず、宝石一般も買い取り、またその他の商品も買い取っているような業者)と、ダイヤモンド専門で買取サービスを展開している業者の二種類があります。ここでは後者のダイヤモンド専門の業者を選びたいものです。というのも、やはりダイヤモンドを専門に取り扱っているだけあって、鑑定能力や値段設定、その他のサービスもダイヤモンド買取に特化している分のアドバンテージが認められるからです。

最後にどのように値段交渉をするかという問題です。ダイヤモンドを売却するにあたって、最も重要視するべきは、何と言っても買取価格です。買取価格が不当に安いにも関わらず、売却を決断してしまった場合は、後々の後悔につながってしまいます。そこでダイヤモンドの買取業者と売却交渉をする場合には、「値段に納得できない場合は決して売却しない」という原則を守るべきです。

ダイヤモンドという商品は時間の経過とともに価格が下がるわけではないので、じっくり交渉する時間がありますし、相見積もりをとることによって、数万円単位で金額の上乗せを期待できるからです。

このようにダイヤモンドを売却するにあたっては、以上の3点がまず気をつけるべきポイントでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スピード買取.jp